« May 2014 | Main | July 2014 »

June 24, 2014

ブラジルの日本代表サポーターたち

間もなく日本代表VSコロンビアの試合が始まる。
10年前、ブラジルを旅していた時に、たくさんの日系人の世話になった。
日本代表を、彼らも心の底から応援してくれているだろう。

「パラナ州の沼田さん」
貧しい移民の一家としてこの地に渡ったが、今では見渡す限りの農場を手に入れた。
ブラジル全土の「日本人が開拓した植民地(移住地のことをこう呼ぶ)の数々」という資料を作成し、ブラジルでの日本人移民の生活を綴った「信ちゃんの昔話」というシリーズ全10巻も執筆されている。
日本人の心を失わないためにと、神社建立に情熱を注いでいた。
(旅の途中で神社建立の知らせが届いた。)
じいさん、元気にしてるかなあ。

Img20031214235723


「マナウスのひまわり食堂」
アマゾン中流の街マナウス、もう日本食もしばらくは食べられなくなるかと思い、天丼を頼んだ。すると奥さんが出てきて気さくに話しかけてくれた。
奥さんは43年前、12歳の時にマナウスに移民としてやってきたそうだ。その後、早くに両親を亡くし、ペルーのおじさんのところに引き取られた。再びマナウスに戻りご主人と結婚、3人の子供をもうけ、今は家族で「ひまわり」を経営している。
味噌汁のおかわりから、みょうがの漬物、コーヒーなどご馳走になり、「寿司を御馳走するから食べていきなさい。」と言われたのだが、夜行バスの時間がきたので、泣く泣くお別れをした。
ご夫婦とも、ここマナウスが大好きなようだ。アマゾンに生きた日本人の話が聞けてよかった。


Img20040307013826_1

|

June 18, 2014

勝山中講演

6/17の勝山中3年生の講演で、特別支援学級の生徒から感想文をもらったので1つ紹介します。

「今日、中矢先生の講演を聞いて、とても心に響きました。なぜなら、世界中をまわるなかで様々な人と出会い、厳しい現実を見て、それを受け入れ伝えていくことが、すごいと感じたからです。
 僕たちは、物がたくさんあって、何不自由ない生活を当たり前のようにしています。でも世界では、食べ物もない、お金もない、住む家もない、そんな人たちもたくさんいるということを、改めて感じました。
 とても貧しく病院にも行けない人たち、親から知らない人のもとへ売られる子供、路上に置かれた赤ちゃん、知らないうちに兵士となって人殺しをしていた子供たちなど、そんなとても辛いことが世界では起きている。
 それでも一生懸命に生きることは、とても素晴らしいことだとも思いました。
 ガンジス川の小さな女の子のように笑顔で、そしてパラグアイの日本人移民のように、どんな困難があっても一生懸命に働き、支え合いながら生きていきたいと思いました。
 そして最後は、自分の家族や孫たちに囲まれながら、笑って一生を終えたいと思いました。
 世界はとても素晴らしい! と実感した2時間でした。」

|

June 16, 2014

新田青雲インスパイア・レクチャー

6/14 新田青雲中等教育学校の1.2年生を対象に、「インスパイア・レクチャー」の講師をした。
かつてサッカー部のコーチとして、お金をいただきながら勤めた学校なので、とても懐かしい。
「生き方」というテーマに1時間では足りないと感じつつも、伝えたいことを盛り込んで話した。
生徒たちは、真剣に聞いていた。


Dsc04131_2


|

June 06, 2014

松山北高サッカー部優勝!

「俺たちは、ここにいる!」

今回は、1回戦から全ての試合を見ることができたので、チームを少し理解できたと思う。
闘い方も素晴らしかったし、チームメイトの応援も見事だった。
松山東との決勝というのも感慨深いものがあった。
90名を超える部員がグラウンドになだれ込み、歌い、監督を胴上げする姿に感動させてもらった。

そして祝賀会で、祝いの盃を交わした。
後輩たちには、全国でも頑張ってもらいたい。

20140602_153037_828


|

トモとカズエの結婚式。

6月1日、
教え子のトモと、サルサ仲間のカズエちゃんが結婚しました。
2人が出会ったのは、
11月29日BAR Sheyla。
シェイラの来松山パーティー。
うちの店が特別な場所になれたのも嬉しいし、
人との出会いと関わりは、本当に面白いと思います。
披露宴では、2人を知る私の挨拶のみで乾杯しました。
この日は、朝まで楽しい宴が続きました。
お二人さん、お幸せに。

20140601_184623_339


20140601_190700_864


|

« May 2014 | Main | July 2014 »