« April 2012 | Main | June 2012 »

May 24, 2012

津田中講演第2部「日本人として生きる」

2週連続津田中講演の、後半戦に行ってきた。
「日本人として生きる」
と題して、3つの話をした。

「ブータンで死んだ日本人」
日本人による国際貢献の先駆けとして28年にわたりブータンの地で農業指導にあたったダショー西岡。
私の旅のVTRは、ブータンのJICAオフィスから青年海外協力隊の各現場を訪ね歩くところから始まる。
農家に泊まると、ダショー西岡と同じ日本人ということで歓迎を受ける。
最後に訪ねたのは、西岡さんが活動した農業試験場と、丘の上の、彼を祀った仏塔。
彼はブータンを愛し、ブータン国民に愛された。
ブータンの耕地を見下ろすその場所に、今は眠っている。

「地球のうらの日本人」
どんな苦境の中でも、日本人としての誇りを捨てなかった日系移民たちの生き様。

「東日本大震災」
困難を乗り越え生きようとする石巻の子供たちとの触れ合い。

日本人は何故自殺するのか?
何故幸せになれないのか?
他人の価値観に乗っかり、リスクを避け、豊かさのみを追い求め、自分をごまかして生きるか、それとも…
自分の大切なものを見つけ、それを守り、誇りをもって生きるか。

私自身、何をもって生きているとも言えない状態だが、そういうことを考えるきっかけにして欲しかった。

代表の生徒は、こんな意見を言ってくれた。
「今の日本人は、平和ボケしているというか、大切なものを忘れてしまっているように思います。
自分も日本人として、誇りをもって生きたい。そして、次の世代に伝えていきたい。
そう思いました。」

Dsc007180001_2

Dsc007190001


|

May 23, 2012

「いしなぎ」

聞きなれないが、魚の名前だ。
嫁の弟の行きつけ、亀有の「かずき」で食べさせてもらった。
大将の息子が千葉沖で釣ってきた。
39キロあったそうな。
刺身もいいが、それ以上に鍋が美味かった。
白身だが、油ものっていて、何より旨みがある。

13375983586560001


13375989187670001


|

金環日食

金環日食を築地の場内市場で見た。
肉眼でリングがはっきり見えたのだけど、写真にうまく写らなかった。
築地の仲買人たちも仕事を止めて見ている。
戦場のような場所だが、暫しの間、戦士たちも休息か。

場内のお寿司屋さんで握りを食べた。
美味かった。

13375531636350001


20120521_081128_9110001


|

May 22, 2012

「焼き鳥はつらいよ」

津田の時のトモという教え子がやっている焼き鳥屋の店名である。
こいつが小学生の時、父ちゃんに「男はつらいよ」の映画に連れて行ってもらった思い出からきているそうだ。
町田の辺りに6店舗展開している。
今回初めて行くことができた。
トモと私の嫁と3人で、「焼き鳥はつらいよ」を2軒ハシゴした。
美味くて楽しい時間を過ごした。

1337502787954_2


1337507764241_2


|

ジョンの結婚式

5/19、城西の時の教え子ジョンの結婚式のために東京へ行った。

写真1
青山の明治記念館で披露宴が行われた。
庭園での記念写真。
私と新婦以外は全て自衛官。
東北遠征で寄った多賀城駐屯地から多数参加している。
一般の参加者と若い自衛官からは、私も自衛官だと思われていたようだ。

写真2
昨日のジョンの結婚式二次会。
東京ドーム横のベースボールカフェ。
100人近くいたのではないだろうか。
サーベルでケーキカットしたのは格好良かったのだが、そ​の後、タルトの一気食いをさせられている。

写真3
ジョンの結婚式三次会。
私以外は、全員自衛隊関係者。
このまま四次会になだれこんだ。
某A大学教授が、酔っ払って全裸になるというアクシデン​トにもみまわれたが、全隊員の協力により事なきを得た。
本当に楽しい1日だった。

前日の営業で徹夜したまま東京に行き、14時間宴会を続けた。
とどめに六本木のサルサバーでサルサをひと踊りして終了した。

1337395658703_2


1337418023926_2


1337435238105


|

May 18, 2012

アラファトの墓

気分が高揚したので、未だ完結できていない昨年のイスラエル旅行記を書く。

~パレスチナの首都ラーマッラーにて~

「パレスチナ自治政府は、どこだ?」と幾人ものアラブ人に聞いたが、それらしいものにはたどり着かなかった。
代わりに「アラファトはどこだ?」と聞くと、ここにたどり着いた。
そこは、パレスチナ自治政府議長府…アラファトの墓だ。

精悍なパレスチナ兵が入口を固めていた。
パスポートを見せ、入場を許可されるが、渋い顔で兵士が1名ついてくる。
緊張の中、墓の前に立つ。
「待てよ、イスラムの拝み方ってどんなんや?」
ここで間違えると大変なことになるかもしれない。
靴を脱ぎ、その場にひれ伏し、頭を床まで下げた。
しばらくして顔を上げ振り返った。
兵士は、2人に増えていた。
その2人の兵士が笑顔で我々に、
「Welcome!」
と言った。
初めて、みんな笑顔になった。
やり方がどうだかわからないが、とにかく我々が敬意を表したと受け取ってくれたようだ。

パレスチナのために最も闘い、そして最も和平を目指した英雄の墓をあとにした。

余談だが、アラファトの命日は、11月11日。
偶然にも、BAR Sheylaのオープンした日だ。


Pmbs12730001


Pmbs12750001


|

May 17, 2012

津田中講演第1部「世界を見る」

5/17、津田中の3年生を対象に「世界を見る」と題して、2時間の講演をさせてもらった。

旅の中で人と触れ合い、人を知り、人生を知った経験を語った。
山岳地帯、砂漠、密林など未開の地に暮らす人々。
貧困や戦乱の中で生き抜く人々。

今回は、たくさん時間設定をしてもらっているので、普段はあまり触れていないイスラエル、パレスチナの問題も扱った。
「人はなぜ争うのか?」
エルサレムにある、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の3大聖地。
「大切なものを守る。
大切なもののために奪う。
そこに争いが生まれる。」
旅の経験に基づく私なりの解釈を話す。
中学生には難しかったかもしれないが、生徒らはよく聞いていた。
カンボジアやインドの話では、特に集中が高まった。

来週、「日本人として生きる」と題して、また2時間話させてもらう。
こんなたっぷり話せる機会はあまりないので、次回も楽しみだ。

写真は、イスラエル兵。
そしてパレスチナの治安維持軍。


 


Pmbs09330001

Pmbs12550001


|

May 14, 2012

松山クラブ40 第3節

5/13、四国中央市のスカイフィールドに行った。

松山クラブ第3節の相手は、上灘育成会。
チームメイトには、愛媛FCの初期を支えた者や、南宇和の全国優勝メンバーなどいて、愛媛サッカー界のお宝満載だ。
匡も「ポンコツ枠」としてその中に入り、左サイドのMFを務めた。
11人しかいなかったので、途中交代なし。
たいして役にも立たず、しょぼいシュートを1本だけ撃った。

試合は、熱戦の末0-1の惜敗。
去年1年間で1回しか負けていないので、松山クラブ40創立以来、2回目の敗戦となってしまった。

東北から帰ってから、ずっと体調が悪くて試合に出られなかったが、ようやく動けるようになった。
トレーニングして、ちょっとはチームの役に立とう。

|

May 05, 2012

U-15愛媛チャレンジカップ

愛媛県下の中学生サッカー強豪チームを中心に、35チームが参加。
5月3~5日の3日間、7会場で行われた。
匡がコーチをしている垣生中も参加。
勝ったり負けたり引き分けたりして、中くらいの戦績だった。

GWは、ずっと店を開けているので、この3日間は、ほとんど寝ていない。
そして今から仕事頑張ります。

|

« April 2012 | Main | June 2012 »