« September 2009 | Main | November 2009 »

October 30, 2009

講演の秋

有難いことに、今年もたくさん呼んでもらっている。

10月30日  たちばな小学校
   31日  吉田高校
11月 1日  柴小学校
   11日  附属小学校
   17日  岡田中学校
   29日  立岩小学校
12月 5日  惣川小学校
    6日  仕七川小学校

小学校の人権集会が多い。
残念ながら、一般参加できそうなのがない。

|

October 28, 2009

湯山中、人権教育懇談会

10月24日、湯山中の全校生徒、保護者を対象に、講演させてもらった。

講演の2日前、シェイラに湯山中の校長先生が来た。
匡の津田中時代から世話になっている人だ。
講演について話した。
「お前の人生を語れ。」と言われた。
「なんでお前みたいな人間が、教師を辞めないかんのぞ。今の日本がおかしいんじゃ。お前こそが、いじめを受け、それに負けずに生きとるんやろが。」
ここでいうイジメとは、社会の不条理のことであろう。
「いつもの冒険の面白い話は、いらん。」とも言われた。
話すネタは、笑えることから重いものまでたくさんあるし、自分を語るかどうかもいつも悩むところだ。
おかげでまとまった。

自分の人生と旅の経験とを絡めて、1つの物語として話した。
世界の問題、日本の社会にある不条理、死ぬことと生きること。

ここには、津田中時代に世話になった先生が3人いて、3人とも今日の話を絶賛してくれた。
そういえば、4朗さんに褒められたのは、初めてかもしれない。
生徒らにどこまで伝わったのか知りたい。
感想を見なくては。

|

城西中の生徒の感想

10月1日、城西中の3年生を対象に、国際理解の講演をした。
その感想文が届いたので、ひとつ載せてみる。

僕は今日、中矢先生のお話を聞いてたくさんのことを考えました。
自分は、この日本で、どれだけの楽をし、何一つ不自由ないこの国で、甘えた生活をしていると思うと、自分が惨めで、情けない奴だと思いました。
世界には、とても美味しいとは言えない物を食べたり、人間の排せつ物や死体が流れている川で体を清めるなど、全く考えられない事だと思います。
世界中にあるこの貧富の差を埋めることは、僕にはできません。
しかし、僕ができることはあるはずです。
それを探すために、僕は中矢先生のように自分の夢やしたいことを追いかけ、人のためになることを少しずつでもしていきたいです。
僕は日本に生きているのに、その誇りをあまり感じて生きていないと思います。
これからは、日本人として、誇りをもった生き方ができるようになりたいです。


私を知っている人間がこれを見たら、「中矢ごときを、何勘違いしとんねん!?」と言うだろうが、そんなことよりも「日本人として、誇りをもった生き方ができるようになりたい」と言った中学生の思いには価値がある。
普段、中学生を対象にした講演では、私が教師だったことは言わないようにしている。
講師紹介も、「アラビアからロレンスさんという旅人がやって来ました。」と言ってもらっている。
それは、学校や教員ではない、外の世界から学ぶことを感じさせたいからだ。
しかし、今回は違った。
自分が城西中の教師であったこと。
疑問とジレンマと、新たな可能性を考え、教師を辞めたこと。
そして得たもの。
そんな自分の人生も絡めて話した。
かつて教師をしていた場所で、教え子の後輩たちに話をした。
私の経験が、生徒らにとって役に立つであろうことは確信してきた。
私の生き方も、少しは役に立つのかもしれないと思った。

|

October 22, 2009

松山市中学校新人大会 サッカー

10月14、15、16、19日の4日間、サッカーの新人戦が行われた。
初日に垣生中は、拓南中と対戦。
ここの監督のKG川とは、とても親しい。そういえば、SR400というバイクを4年間ほど貸してくれている。
サッカー以外では、人のいい奴だが、サッカーの指導に限っては、恐ろしい男だ。
総体でも対戦し、からがら勝たせてもらった。
そして今回、0-2の惜敗。
シュートまではいくのだが、得点にいたらなかった。
終わってみれば、相手の術中にはまっていたのかもしれない。

県大会に進むのは、拓南、三津浜、県西、南第二の4チーム。
三津浜の優勝、県西の準優勝で幕を閉じた。

シェイラの打ち上げでも、夜通し話込んだのだが、みんなサッカーに必死やなあと思う。好きやなあと。
自分もサッカーは大好きなのだろうけど、勉強するのもトレーニングにかかわるのも、時間が限られる。
日々鍛錬している連中に、かなわないのは分かっているが、手伝いぐらいはできるだろう。

大会中、ふらりと本屋に寄って、サッカーのトレーニングの本を3冊も買ってしまった。
リベンジだ。
Dsc00492

|

October 08, 2009

今出大神輿 ~台風襲来~

嵐の中、神輿を担いだ。
今年の神輿は重い。
若い衆らが補修した立派な神輿。
胴体が大きいし、手作りの装飾もなされている。
柄は、昨年までのものより、太く長い物が使われた。
びしょ濡れで冷えるので、酒を飲んで担ぐと、一瞬体が温まるが、すぐまた冷えていく。
それでも神輿は運ばれ、祭りは進んでいった。
どうなるかと思ったが、やればできるものだ。
例年より人数が少ないと言われたが、こんな大変でも抜ける者はいなかった。
台風のさなかに集まった連中だから、へたれの訳はない。
全く順調に宮入りを迎えた。

ケーブルテレビでも放送されたので、見た人には分かってもらえたと思う。
とにかく若い衆が元気だ。
弱気にならず、かといって無茶をして怪我人が続出するでもなく、活気ある今出の祭りをしている。
もう体はボロボロだろうし、雨で神輿はすべる。
ネガな要素を弾き返す、心意気をもっているからだろう。
我々おいさん達も、おいさんなりに頑張った。
かつては派手に暴れた猛者達だから、体は衰えても、気分は高まる。

最後の「若い衆」対「家持ち」の対決。(我々おいさんのことを今出では家持ちという)
みんなの気持ちが高揚している。
写真を見てみると、危ない勝負の最中なのに、みんな笑っている。
匡は、今年も家持ちの2本目で、神輿の上にあげてもらった。
神輿があがり、突撃する。
鳥居が見えてくる。
もう少しだ。
「行けー!!」
あっ!!

と、ここで記憶が途絶えている。
鳥居を目の前に、神輿が落ちる感触は残っている。
その後は、覚えていない。
脳震盪で気を失い、気がついてからも、周りの制止を聞かず、起きて参加しようとしていたらしい。
そして、「やらないかん。」「動くな。」
「なんで?」「頭打ったんよ。」
「なんでここにおるの?」「落ちて頭打ったんよ。」
「なんで?」「神輿が落ちたんよ。」
こんな会話を繰り返したらしい。
みんなが止めても聞かず困っていたところ、嫁が「座って。」と言ったら座ったとか。

後は、救急車に乗るあたりから覚えている。
CTなども撮ったが、検査は異常なし。
今は問題なく過ごしている。
関係各位の皆様、大変心配をかけて申し訳ありませんでした。
8日の今日も、今から店を開けようと思う。

Dsc00473
Dsc00482
Dsc00488


|

匡 救急車搬送情報

けい子です。
今年も大変、ご心配をおかけして申し訳ありません。

特に、ケーブルテレビをご覧になっている方々は、匡が倒れる瞬間・動かない匡を
画面で見られて、ずいぶんびっくりされたとのこと。すぐにご連絡いただきました。
ここでお伝えするのが一番早いと思い、ご報告させていただきます。

すぐにCTを撮って診ていただいたところ、今は急を要する頭蓋内の出血もなく、
一応、安心です。
ただ、後頭部に薄い影が見えるようなので(いわゆる「たんこぶ」らしいのですが)、
念のため、明日もう一度受診することになりました。
しかし、頭を強く打つとこのような症状がでるのか??
何度も同じことを質問してきたり、異常に寒がったり、私の顔をじーっと眺めていたり…。

飲食可能ということですので、家に戻ってご飯を食べました。
食欲は旺盛で、普通に一食分を食べてベットに入ったところです。
食べているころから顔つきもいつものように戻り、普通の会話もできるようになっています。

せっかくの秋祭りに、またこのような報告をすることは非常に残念ですが、今の経過も
悪くなさそうなので、どうぞご安心ください。
ご心配をおかけしました。

|

October 01, 2009

今出大神輿 胴締め

祭りのシーズンだ。
10月7日に向けて、いろいろと慌ただしくなってきた。
9月27日には、神輿の胴締めが行われた。
いつもは、神社でするのだが、今年は垣生のパルティフジですることになった。
40人ほどが法被で集まり、神輿に縄を巻いた。
若い連中は、威勢がいいが、不眠の匡は、ただ居るだけだったかもしれない。
えらく丁寧にしたので、1日仕事だった。
さあ、いよいよだ。
Dsc00462
Dsc00465

|

祝!! 大洲40FC 全国3位 !

シルバーウィーク、匡は、昼は垣生中サッカー部、夜はシェイラで休みなしだった。
時を同じくして、静岡県では、マスターズの全国大会(40歳を超えたオイサンの頂上決戦)が行われていた。
四国代表の2チームの1つが、匡も所属する大洲40FC。
そのチームが、4日間に渡る死闘の末、全国3位に輝いた。
すばらしいことである。

自分が、そこに行けなかったのは、ベストメンバーに入れなかったからだ。
ポテンシャルが低いということだから、もちろん悔しい。
連休初日、(なんで俺は今、愛媛におるんかなあ?)とボンヤリしていた。
その日、メンバーの國和から試合結果がメールで届いた。
毎日届く結果を見ながら、いつの間にか本気で応援していた。
行った連中は、よくぞ頑張ってくれたと思う。
喝采を送りたい。

10月4日から、愛媛県マスターズの後期リーグ戦が始まる。
現在、12チーム中、無敗でトップ独走中。
全国3位に、入れてもらおう。

|

« September 2009 | Main | November 2009 »