« June 2009 | Main | August 2009 »

July 22, 2009

幻のメレンゲ・ペア

幻と言われるダンス・ペアが、シェイラで一夜復活し、幻のダンスを再現した。
酔っ払っているので、キレが悪いかもしれないが、サルサ常連客の若芽ちゃんが撮影し、このような形でアップしてくれたので、良かったら見てください。
近日中に本番での動画をシェイラで流す予定です。

メレンゲパフォーマンス[アメーバビジョン]

|

July 20, 2009

アルゼンチン・フォルクローレ

3年ぶりに、あのコンサートが開かれる。
本場アルゼンチンでフォルクローレの修行をされた桑原しんいちさん。
アンデスの自然をギターで奏で、インディオたちの魂を歌いあげる。
前回も大変好評だった。

7月27日にシェイラでフォルクローレのライブをやります。
開演21時で、チャージ2000円(1ドリンク付き)となっています。
興味のある方は、是非お越しください。
連絡いただければ、席もとれますよ。

何かカレーも作っておきます。

|

July 19, 2009

松山大学 社会人セミナー

7月17日、「大学生活への意欲を高める導入教育プログラム(社会人セミナー)」の講師として松山大学にやって来た。
一年生を対象とした、去年に引き続いての企画である。
学生と絡むのは、いつも楽しみで、自分の知識・経験を思いっきりぶつけてやろうと、はりきってきた。
旅と人生について70分ほど話した。
学生たちは、ややリアクションが薄かったが、まじめな態度で聞いていた。
その後、質疑応答の時間を20分ほど用意したのだが、学生らが一斉にレポートを書き始めたので、思わず止めた。
「その紙にも書かないかんと言われているのでしょうが、私と話せる時間は20分しかない。みなさん私には興味ありませんか!?」
学生らも空気を読んでペンを置いた。
彼らの態度は消極的ではあるが、いくつかのいい質問があったので、それに応えて時間は終わった。

学生たちは、その後の休憩時間を使ってレポートを書いていた。
中には、次の授業時間に食い込んでいた者もいる。
講師は、6人いたのだが、他の講座は時間内にレポートも提出して引き上げていたようだ。

私の時間のマネージメントが悪いのか、学生たちがあまりに受動的なのか。
なんでもっと食いついてこんのかなあ。
なんでディスカッションが盛り上がらんかなあ。
カリキュラムをこなすことばかりを考えていては、己の進むべき道など見つけられはしないだろうと私は思うのだが。
自分の力のなさか、期待しすぎか。
まじめな学生を前に、ジレンマを覚えた。

090717_13340001_1


|

July 15, 2009

ダンスパートナー

うちの店の常連なので、知っている人は多いはず。
普段は、ジーパン姿で酔っ払って、「マスター。ルービー(ビール) ! 」とか叫んでいたりする。
彼女の飲む麦焼酎の一升瓶は、キープボトル状態だし、カウンターを枕にすることも多々ある。
今回のパフォーマンスで、ダンスはもちろん頑張ったが、女としての演出も見事であった。
スカートすら年に数回しか履かない者が、よくぞここまで。
そういった意味も含めて「幻のメレンゲ・ペア」と言われている。
Dsc00381

|

bit

愛媛で配られているフリーペーパー。
最新号で、バーシェイラのサルサパーティーが取材されている。
フリーアナウンサーのシゲリンと私のツーショットがあるから、是非見つけてください。
見た人に、「さすがマスター。エロい ! 」とか言われた。
見てみたら、私は普通に映っていた。
夏になってサルサ熱も上がってきたのか、火曜日のサルサパーティーの参加者も増えてきた。
年齢も18歳~50歳と幅広い。
サルサしたことない人も、来てみてほしい。
絶対楽しいと思う。

ちなみに、店では、いつも何かのカレーを用意している。
今回作ったカレーは、スパイシーな本格インドカレー。
大量のタマネギを、一人で泣きながら仕込んだ。

|

July 13, 2009

ダンサーデビュー

7月12日、西条まで行って大洲FCの試合をした。
匡は後半スタートで、珍しくサイドバックのポジション。
2-0で快勝。そして急いで松山に帰って来た。

この日の、もうひとつのイベントは、国際ホテルで開催された「カクテルパーティーconサルサ」。
世界5位のフレアーバーテンダーや、世界3位のバーテンダーがテクニックを魅せた。
松山のバーテンダーのレベルの高さを思い知る。
そしていよいよサルサタイム。
ミニレッスンの後、我らがサルサチームの見せるパフォーマンスは3曲。
2曲目がタダシ&ユウコのメレンゲ(サルサの親戚みたいな音楽)。
この日踊る中では、圧倒的に経験が浅いにもかかわらず、2人だけのステージだ。
300人ものお客を前に、ダンサーデビューを飾った。
ここまで大変だったが、ホント楽しかった。
Dsc00398
Dsc00400

|

July 09, 2009

三沢光晴、マイケル・ジャクソン

青春の偶像が、次々と亡くなっていく。

プロレスラー三沢光晴。
2代目タイガーマスクと聞けば、わからない人も、なんとなくイメージできるだろうか。
私は、格闘技が大好きで、小学生の頃から、プロレスを見てきた。
基本的にプロレスは、真剣勝負ではないと思う。
八百長があるし、不合理な約束ごと(相手の攻撃を避けない等)が多い。
しかし、三沢の試合は、見せるものがある。
初めてジャンボ鶴田に勝った試合や、三冠ヘビー級王座をかけて、スタン・ハンセンと戦った試合など、今見ても色あせない。
全日本を脱退し、ノアを旗揚げする時に、全日本のほとんどの選手が、三沢に続いた。
ファイトだけでなく、彼の生きる姿勢が、人の心を動かしたのだろう。
偉大な格闘家として、心に残したい。

マイケル・ジャクソン。
高校生の頃は、彼の音楽を毎日聞いていた。
高校3年生の運動会、ショーイベントで、学級全員で「ビート・イット」を踊った。
彼の影響か、大学生の頃は、踊ることが大好きになり、ディスコでバイトもした。
教員になってからも、演劇で、生徒らと「スリラー」を踊り、「We Are The World」を歌った。
若い人たちは、彼の奇行ばかりを見せられ、人格を認めることすらできないかもしれない。
悲しいかな、彼の後半の半生は、コンプレックスに埋もれている。
黒人として生まれたのに、何故あんなにも白い肌に恋い焦がれたのか。
整形を繰り返し、蝋人形のようになった顔。
自分のルーツを受け入れない限り、人は幸せにはなれないだろう。
悲しきスーパースターは、満たされぬまま死んでいった。
しかし、彼の残した音楽は素晴らしい。
多くの人を幸せにした。

|

July 03, 2009

カクテルパーティーconサルサ

7月12日(日)18:00~開催
(社)NBA日本バーテンダー協会四国本部 松山支部 主催
「カクテルパーティ」のお知らせ。

私もバーテンダーとして協会に登録していたりする。
松山支部会員数約80名が、年に一度行うビッグなイベントである。
例年 秋冬時期に開催していたが、今年は夏!
そこで、夏やリゾートをイメージした数々のカクテルを用意(飲み放題)、ビールもある。
場所は、国際ホテル。

演出として
①映画「カクテル」で見られる「フレアバーテンディング」のショー
②サルサダンスミニレッスン
③サルサダンス パフォーマンス
などを予定している。

②③については、ミヨちゃん率いる、バーシェイラのいつものサルサメンバーが担当する。
なんと匡もダンサーとしてデビューする!!
現在特訓中!!

コレにお食事もついて¥4500(税込み)は安い!
チケットは、バーシェイラで購入できます。
Photo

|

« June 2009 | Main | August 2009 »